「日焼け止めランキング※これがおすすめNO.1」について

スキンケアで日焼けダメージを回復しましょう
基本的には紫外線を浴びてしまう前に、日焼け対策をきちんと取っておくべきです。しかし紫外線対策をしていたつもりでも、時には日焼けをしてしまったということもあるでしょう。 日焼けは年齢を問わず肌へのダメージが大変大きいですから、適切な方法でスキンケアをする事が大切です。日焼けをしてしまった後のスキンケア方法によっては日焼けのダメージを軽減できます。 まずは、日焼けをしてしまった肌を冷ましてあげる必要があります。クールダウンといいますが、冷たい水などで肌のほてりを落ち着かせましょう。

まずは肌の炎症を抑える方法を第一に考える事が重要です。もし痛みがあり、ヒリヒリするような場合は低刺激の化粧水を冷やしておけばクールダウン効果もありおすすめです。日焼けの時に使える専用の化粧水もあるので探してみましょう。 肌の痛みやほてりが治まってから、ほかのスキンケア用品を使いましょう。美白化粧品などを使う時はこの順序が大切です。

ほてりや痛みがあるのにも関わらず、刺激のある化粧品を使ってしまうとトラブルの原因になります。日焼けは軽いやけどをしているような状態ですから肌に刺激を与えない事が大切です。 紫外線を浴びて日焼けをしてしまったのに適切なスキンケアを行わなかった場合、肌へのダメージをより深くしてしまいます。また将来的にシミやそばかす、肌年齢を上げてしまう原因になりますから注意が必要です。 紫外線は季節に関係なく浴びるものですから、夏場だけではなく常に日焼け用のスキンケアの準備をしておきましょう。

 

ランキングBEST5