MENU

CLOSE

目指せツルツルの「毛穴レス鼻」もう黒ずみに悩まない!

89views

カテゴリ:毛穴ケアの方法

鼻が黒ずんで見える原因は?

48eec26eb4bdfe289ac6bb8fec9e3abb_s

顔の中心にある重要なパーツの「鼻」ですが、ポツポツ黒ずんでいちご鼻になっていたり、脂ぎってテカテカしていると目立ってしまうし、相手に不潔な印象を与えます。いくら綺麗にメイクをしている女性でも、鼻にポツポツと黒い点が目立っていては台無しです。毎日きちんと洗顔をしているのに、なぜか「鼻の黒ずみが消えない!」と悩んでいる人は意外に多いですよね?

そもそも、鼻が黒ずんで見える原因とは何なのでしょうか?その原因によって毛穴ケアや対策法も変わってくるので、まずは自分がどのタイプの黒ずみ鼻なのかを知る必要があります。

鼻の黒ずみの原因3タイプ

  • 皮脂と汚れが混ざって酸化したものが毛穴を詰まらせている
  • メラニン色素が過剰に作られてシミになっている
  • 鼻の産毛が目立って黒く見える

自分の鼻の黒ずみがどのタイプに当てはまるのかが分かったら、その原因別の正しい毛穴ケア対策をすることにより、悩んでいた鼻の黒ずみが改善されるかもしれません。

タイプ別の黒ずみ予防対策とは?

31b590edbe267e9e5fa1f929e81c0c1c_s

皮脂と汚れが混ざって酸化しているタイプの黒ずみは、毛穴を詰まらせている「角栓」を正しく除去する事で改善します。角栓の除去と言えば、シートを鼻に貼って剥がすタイプのパックですが、角栓が目に見えてびっしり取れる爽快感で病みつきになる人も多いのではないでしょうか?

しかし、一時的に汚れが取れてスッキリしても、またすぐに鼻の黒ずみが目立ってきたり、さらに悪化したという人もいます。角栓を抜いたあとの毛穴はポッカリ開いている状態なので汚れが溜まりやすく、しっかりと保湿した上で毛穴を引き締めてあげる事が重要です。

「プチプラ毛穴ケア」として注目されているさまざまな方法

  • 毛穴シートの使用前にオロナインを塗ってパックする
  • 重曹やベビーパウダーを洗顔料に混ぜる
  • オリーブオイルを浸した綿棒で鼻の皮脂を柔らかくして取り除く

いずれも自分の肌や体質にあったものを選ぶ事が大切ですが、毛穴の詰まりは「皮脂の過剰分泌」なので、栄養の偏りや睡眠不足、ストレスを溜めない事など、日頃の生活を見直す事も重要です。

次に、メラニン色素が蓄積されて黒ずんでしまったタイプの鼻です。紫外線によってダメージを受けた肌が新しく生まれ変わる「ターンオーバー」は、28日周期と言われています。このタイプの黒ずみはすぐに改善できるものではないため、長期的にケアしていく必要があります。

まずは日頃の紫外線対策をきちんとする事が大切ですが、すでに黒ずんでしまった鼻に対するケアには、美白効果のあるスキンケアアイテムを使う事が重要です。ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなど、メラニンの生成を抑制して肌のターンオーバーを促す「美白成分」が配合されている化粧水や美容液を使う事で改善していきます。

「毎日丁寧に洗顔しているのにずっといちご鼻が治らずに黒ずんでいる」という人は、この美白ケアが足りなかった可能性があります。ただし、刺激の強い日焼け止めや肌に合わない化粧品は、皮膚に負担をかけて炎症を起こし、肌トラブルのもとになります。シミ・そばかすと同じように、鼻の黒ずみにもきちんと自分の体質に合った紫外線対策と美白ケアで、新しいメラニンが生成されるのを防ぎましょう。

最後に、産毛が原因で黒ずんでいる鼻に対するケアです。鼻の皮膚というのは皮脂の分泌が多い上に、傷付きやすいデリケートな場所です。そのため、自分で鼻の産毛を処理しようと思っても、カミソリをあてるには複雑な形をしているし、毛抜きで引っ張るのも肌に負担がかかって痛みも伴います。

無理な自己処理が原因でばい菌が入り、ニキビなどの新たな肌トラブルを引き起こす原因にもなってしまうため、特に注意が必要です。鼻の産毛を綺麗に処理するためには、顔脱毛を行っている美容クリニックやエステサロンで処理してもらう方法がいちばん安心です。

産毛が原因で黒ずんでいた鼻は、正しい方法で処理する事によって見た目が改善されるだけでなく、メイクのノリが良くなったり、化粧水や美容液の浸透力もアップして乾燥を防いでくれます。黒ずみ鼻の原因と対策をしっかりと理解して、自分に合った正しい毛穴ケアを行いましょう。