MENU

CLOSE

角栓を除去したのに黒ずみが取れない!それはどうして?

117views

カテゴリ:毛穴ケアの方法

角栓を除去するときれいな毛穴になります

a301c4a1908bd31f91b75e1740bc5024_s

いちご鼻になるのは角栓が大きくなるから

目立ってしょうがないいちご鼻。その原因は見ての通り角栓です。自分の鼻を良く見てみると毛穴の中に詰まっている黄色いものが見えます。それは、毛穴からはがれた角質と皮脂が固まってできたもの。通常は目立ちませんし、あることで細菌の侵入を防いでいます。

しかし、角栓が洗い流されずに残ると次の角質が落ちてきます、その次も、またその次も…と毛穴に蓄積されていくとやがて大きな角栓となってしまうのです。人によっては角栓が毛穴を開いてしまうことも珍しくありません。

角栓を放置していると酸化して黒くなりますし、そうでなくとも角栓をエサに細菌が繁殖して有害物質で毛穴を傷つけます。やはり、鼻の黒ずみ対策には毛穴に詰まった角栓を除去することが求められます。

角栓除去のグッズ

巷では毛穴ケアのグッズが色々と売られています。このようなものを使うと確かに角栓をとることができますが、長所と短所があるのでいくつか見てみましょう。

まず、角栓対策で思いつくのが角栓を絞るための棒です。角栓は棒状になっているので毛穴を絞ると出てきます。上手くいけば根元まで取れますが、強い刺激を与えると毛穴を傷つけてしまうこともあります。

次に、毛穴ケアのための角栓パックも有名です。貼るだけで角栓がごっそり抜けるのは見た時のインパクトも強いと思います。ただし、こちらは皮膚への刺激が強いことや角栓の摂った後の毛穴のケアが必要な点を気をつけましょう。毛穴パックは引き締めまでが1セットです。

そして、ピーリングは角栓汚れを落とすうえで非常に高価的な反面、肌も削ってしまうことがあります。できれば柔らかくて細かい天然素材を使い、頻度も月に1〜2回程度にとどめましょう。逆に用法さえ守れば普段の洗顔では得られない効果が待っています。ただし、ひどくない角栓なら泡の力だけで十分落とせるので、まずは洗顔でできるレベルを確認することです。

角栓を除去しても目立つ黒ずみは?

7fb48449ebf5eb28fe1ad1fbdc1a0902_s

色素沈着による鼻の黒ずみは洗い落とせない

角栓をすべて除去したはずなのに毛穴が黒く見えてしまう。そんなことも良くあるようです。角栓が黒いのなら角栓を摂れば解決するはずなのですが、実は毛穴の黒ずみは洗っても落ちないのです。これが、毛穴にできた色素沈着です。

毛穴が黒ずむ原因はメラニンです。メラニンとは皮膚がダメージを受けた時に分泌されるもので、有名なところでいては紫外線を浴びた時にできる日焼けがメラニンの影響でできるものです。他にもシミやくすみもメラニンが原因です。メラニンが発生するには紫外線の他には摩擦や強い洗顔量を使うことも考えられます。

つまり、顔をゴシゴシ洗う人やピーリングを毎日する人はそれだけで毛穴の黒ずみを加速させていることになります。

また、黒ずみを目立たせる原因として大きいのは加齢です。加齢は肌のハリを弱めるので、今まで引き締まっていたはずの毛穴がどんどんたるんでしまいます。すると毛穴の穴が広がることで、毛穴の黒ずみが目立ってしまうわけです。年を取るほど毛穴が黒ずむのは黒い部分が見えやすくなったから、なので毛穴ケアの際には美白だけでなく毛穴の引き締めも考えると効果が高まります。

ターンオーバーを待つか皮膚科で消すか

メラニンによる黒ずみは皮膚の中で起きているので、どんなに表面をこすっても落ちません、しかし、肌はどんどん新しいものが押し上げられるのでメラニンが分泌された肌が最表面に来れば、そのまま剥がれ落ちてきれいな肌に戻ります。

しかし、メラニンの深さが分かりづらいため数カ月待っても黒ずみがなくならないことも良くあります。そのような時はレーザー治療を活用するのも一つの手ですがお金がかかるので日々のスキンケアで解決したいものです。