MENU

CLOSE

鼻が黒ずんでしまう原因とその対策方法について

54views

カテゴリ:毛穴ケアの方法

鼻の黒ずみの原因

cc9e8e36fc63c17322349b01d081b068_s

乾燥 

乾燥でキメが粗くくすんだ肌の人は角質に厚みがあり弾力もありません。水分と油分のバランスが崩れ汚れが落ちにくくなると、毛穴が塞がれ皮脂腺が刺激されることでさらに乾燥を引き起こしてしまいます。肌の水分不足で肌の細胞が収縮すると毛穴が引っ張られ毛穴が開きます。そこへ汚れがたまると黒ずみが目立つことになるので、毛穴ケアと同時にその周辺の角質が硬くならないよう手入れすることが大切です。

毛穴の詰まり 

通常は皮脂、メイクの残り、ほこりなどが毛穴に入ってもサイクルが正常なら外へと排出されますが滞ると角栓となりなす。特に鼻は毛穴が大きく角栓が溜まりやすいのですが、それが空気で酸化すると黒ずみとなりいちご鼻になってしまいます。 

メラニン 

毛穴に汚れがないのに黒ずんで見える場合はメラニンが原因と考えられます。メラニンは紫外線を浴びた時に外的要因から肌を守るためにできますが、過剰に作られるとシミや黒ずみの原因となってしまいます。顔の中でも鼻は高いのでメラニンの影響を最も受けることが多いので結果いちご鼻になりやすいです。代謝が悪かったり過度にケアをすることによって肌が刺激を受けたと感じた時にも生成されます。

産毛 

うもれた産毛で毛穴が黒ずむこともあります。加齢によって産毛は濃くなることが多く、毛質が出産などで変化して剛毛になることもあります。

鼻の黒ずみの対策方法

d3f6e25d9fe281e9892bd07ad5a51c32_s

乾燥対策について  

洗顔後の保湿をしっかりと行うことが大切です。肌の保水力には細胞間脂質と天然保湿因子、皮脂が関わっているのですが、朝と夜に洗顔をすると修復する前に洗い流されてしまい肌に十分な水分を保てなくなり乾燥が進んでしまいます。乾燥が気になる場合は朝はぬるま湯ですすぐ程度にし、夜の洗顔もたっぷりの泡で短時間で洗い終わるようにしましょう。

洗顔後は肌内部が潤うようにセラミドやヒアルロン酸、ビタミンCといった保湿力の高い成分が配合されている化粧水をじっくり押さえ込むように塗り、与えた水分が逃げないようにその後乳液やクリームで蓋をします。

毛穴の詰まりの対策について

毛穴を詰まらせる角栓は7割がタンパク質、3割が皮脂で出来ていて、タンパク質は通常の洗顔だけでは除去しきれません。角栓を取り除くには蒸しタオルで毛穴を開いてから洗顔をしたり酵素洗顔を行う、ピーリング等で角質を柔らかくするのが毛穴ケアには効果的です。

また洗顔前にフェイスマッサージ用のオイルで丁寧にマッサージをしたり毛穴を柔らかくする体操を行うのも毛穴の詰まりが解消するおすすめの方法です。

メラニンの対策について

肌のターンオーバーが乱れるとメラニンが蓄積され黒ずみとなってしまいます。太陽にあまり当たらない、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策をするのはもちろん、ストレスを溜めないようにして夜10時から深夜2時の間にしっかりと睡眠をとる等規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

またビタミンCはメラニン色素を抑える作用があり黒ずみを薄くする効果が期待できます。ビタミンC誘導体が配合されているスキンケア化粧品を使用したりやオレンジ、ブロッコリー等を積極的に摂取するのも有効です。

産毛の対策方法

通常の産毛であれば毛抜きやシェーバー、脱毛ワックスでも処理することが可能です。鼻は凹凸があるのでカミソリを使用するのは危険です。また鼻の頭は少しの刺激で毛穴が広がりやすく黒ずみが出やすい場所なので慎重に行うようにしましょう。

痛みが心配だったり肌を傷つけるのが不安な場合はプロに任せるのがおすすめです。脱毛することで毛穴自体が小さくなり引き締まって見えるのでその後の黒ずみを防ぐことができます。