リキッドクレンジングのメリット

お肌に対するケアを怠らない美意識の高い方が増えています。特に女性は毎日お化粧をすることで肌に負担をかけてしまうので、男性に比べ念入りにケアを行う傾向がありますよね。

お化粧の場合はクレンジングが必要不可欠ですが、最近種類が増えてきて注目されているリキッドクレンジングにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

まずリキッドクレンジングは濡れた手でも使えるという大きな特徴があります、乾いた手で使うときより多少洗浄力は落ちてしまいますが、ポイントメイク落としを使えば問題ないでしょう。

また、とろみがあるのでコットンに染み込ませて肌に負担が少ないといわれる拭き取りクレンジングに使用することもできます。

リキッドクレンジングのデメリット

そんなリキッドクレンジングのデメリットはずばり肌が突っ張ってしまうことです。

オイルほどではありませんが、強い洗浄力を持っているので洗い流さず肌の上に乗せておくと本来必要な皮脂まで剥ぎ取ってしまい、突っ張りや感乾燥の原因になります。

そしてクレンジングの最後は十分に洗い流さないと汚れが落ちず、毛穴が詰まりやすくなってしまうので注意が必要です。

自分のお肌に合ったクレンジング方法を見極め、健やかなお肌を保ちたいですね。

ランキングBEST5